こ、これはどこの世界線の話でございましょうか?w

地方に工房を持つという父について日乃出浜に引っ越してきた透子。
駅で転びそうになったところを助けてくれたのは駆。
駆が地元民になってます。

花火を見に来たのかと聞かれたが、透子は花火大会だと知らなかった。
そのままカゼミチでみんなに紹介される。すごく唐突に話が進んで行きますね。


続きはこちら↓
グラスリップ 第12話「花火(再び)」

こちらは いま、お茶いれますねのミラーブログです
TBが弾かれてしまう場合、こちらから送信させていただいております。
TB・コメントは本館のほうに送っていただけると助かります。